【上映延期】西東京市民映画祭2020「新聞記者」 終了

【上映延期】西東京市民映画祭2020「新聞記者」

新型コロナウィルス感染拡大に際し、いまだ先行きが不透明な現在の状況を鑑み、ご来場いただくお客様の安全かつ安心して上映を楽しんでいただけることを最優先に考えた結果、既に延期のご案内をさせていただいておりました上映を再度延期することといたしました

各上映延期日につきましては、2021 年 1 月以降で調整しております。再延期の上映詳細が確定しましたら、改めてご案内させていただきます。

なお既にチケットを購入の皆様には、払い戻しをさせていただきます。詳細・払い戻し方法につきましては
こちら をご覧ください。

市民名画座「新聞記者」

①開場10:30 上映11:00
②開場13:30 上映14:00

【原案】
望月衣塑子

【監督】
藤井道人

【出演】
シム・ウンギョン 松坂桃李 本田 翼 ほか

【解説】
東京新聞記者・望月衣塑子の同名ノンフィクションが原案。
韓国映画界の至宝 シム・ウンギョンと、人気実力ともNo.1俳優 松坂桃李のW主演作。
若手女性新聞記者(シム・ウンギョン)と若手エリート官僚(松坂桃李)の葛藤をオリジナルストーリーで描き出す社会派サスペンス。フィクションの限界を超え、「日本の闇」を告発する衝撃作。
尊敬するかつての上司の投身自殺の真実に迫ろうともがく主人公が、社会の暗部に気づき選択を迫られる。そしてある事実が明らかになる・・・。一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける。
〈2019年製作/上映時間113分/日本〉

 

第43回日本アカデミー賞 6部門受賞!
●優秀作品賞
●優秀脚本賞
●優秀主演女優賞(シム・ウンギョン)
●優秀主演男優賞(松坂桃李)
●優秀監督賞
●優秀編集賞

 

【主催・お問合せ】
西東京シネマ倶楽部 042-452-6323

※こちらの公演は当初5/30(土)の開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、延期となった公演です。またホール広報紙6月号では19日のみの開催予定でしたが、19・20日と2日公演に変更になりました。

概要

公演日時 2020年09月19日(土)〜2020年09月20日(日)
11:00/14:00
会場 メインホール 座席指定
価格

【発売日】
現在調整中です。決まり次第、ホームページでお知らせいたします。

 

【前売】
大人800円  シニア(65才以上) 800円  子ども(高校生まで) 600円


【当日】
大人1,000円 シニア(65才以上) 900円 子ども(高校生まで) 800円

ページトップに戻る

公演情報

お問い合わせ

MAIL info@komorebi-hall.jp
TEL 042-421-1919
FAX 042-438-7676
〒202-0013
東京都西東京市中町1-5-1.

保谷こもれびホールまでのアクセス