施設案内

メインホール

一体感と心地よい緊張。心躍る芸術空間
車椅子席スペース
緞帳 「曙光」
大楽屋2
中楽屋2

見やすさと聴きやすさ

扉を開けたとたんに覚える、人を包み込むような豊かな奥行き感。メインホールは、観る側と演じる側が一体となれるスケールで設計されています。

席数は車椅子用の4席を含めて662。
ほどよい臨場感をたたえ、「観やすく、聴きやすい」多目的なホールとなっています。

耳の不自由な方も音楽を楽しめるよう設備を施したほか、椅子幅も余裕をもたせるなど、ゆったり鑑賞できるようにしました。

ホールの残響音は1.7秒。クラシック等の音楽において広がりと深みのある音を出します。

演じやすさ 使いやすさ

メインホールは、演じる方の使いやすさ、舞台スタッフの使い勝手、それぞれの声に応えた空間になっています。
たとえば主舞台の上手と下手には、舞台と同じ大きさの脇舞台を配置。演劇、コンサート、舞踊、映画、講演会など様々などさまざまな演目に対応できます。この他、より良い舞台環境を整えることで、多彩な演出や演技、演奏を可能にしています。

緞帳 「曙光」

武蔵野の雑木林に燦々と降り注ぐ、人々に優しくあたたかい陽の光と、西東京の文化の未来を創造していく、力強い希望の光をモチーフにしています。

席数
662席(車椅子4席含む)
舞台
間口15m、奥行き14m、高さ9m
設備
16mm、35mm映写機2台
音響反射板
ピアノ1台[スタンウェイD-274]
磁気誘導ループ
附属施設
特別鑑賞室
楽屋6部屋(大楽屋2,中楽屋2、小楽屋2)

座席表

メインホール座席表

ページトップに戻る

お問い合わせ

MAIL info@komorebi-hall.jp
TEL 042-421-1919
FAX 042-438-7676
〒202-0013
東京都西東京市中町1-5-1

保谷こもれびホールまでのアクセス