講師の谷さん Q&A( 2008年06月18日)

リーディングワークショップがスタートして一ヶ月半が過ぎました。
今回は講師の谷先生にお話をお伺いしました。

Q1、西東京市の印象はいかがですか?
中高生くらいから俳優座養成所に通っていた頃までこの辺りに住んでいたんです。
その当時は畑が多かったのですが、今はだいぶひらけましたね。
緑が多いし、静かだし、とても暮らしやすい環境だと思います。

Q2,受講生の皆さんの印象はいかがですか?
熱心ですよ。とても一生懸命やってくださっています。

Q3, リーディングワークショップの醍醐味とは?
文章を読んで発生する喜怒哀楽は、日常に自然発生する喜怒哀楽とは違います。
課題があって、感じ、声を出す。そこに、もともとある想いが加わります。
良いとか悪いとかじゃなく、ましてや正解、不正解もない。
課題を読んだ今、その時の、その人の想いを表現する。それが大切です。
慣れてくると、間口がひろがり、聞いてもらう人が子供か、学生か、おばあちゃんか・・・
様々な想像をし、設定をすると面白さが増してきます。
そして時には、他の方を見て刺激を受けてください。
声に出して読むというのは、その人の生き方、有様が反映してくるものなのです。

Q4,これからのワークショップに関して、また受講生の皆さんに一言お願いします。
想像をして、ほこりをかぶっていたり、寝たりしている感性を呼びおこして下さい。
そしてそれを皆さん自身で楽しむ方法を見つけ、考え、感じてください。

Q5,舞台女優として、また声優としても活躍されている谷さん、
これからのお仕事の抱負をお聞かせください。
年齢を重ねることで、色々なことに気がつき分かると、やることがいっぱい出てきました。
これからも1つ1つのお仕事を丁寧にやっていきたいと思います。

※リーディングワークショップ前期は終了いたしました。

ページトップに戻る

活動報告

お問い合わせ

MAIL info@komorebi-hall.jp
TEL 042-421-1919
FAX 042-438-7676
〒202-0013
東京都西東京市中町1-5-1

保谷こもれびホールまでのアクセス